停滞性乳腺炎

停滞性乳腺炎は乳腺に乳汁がたまって乳腺が炎症をおこすものです。軽いものならたいていの授乳婦が経験します。原因は、赤ちゃんが飲む量よりも乳汁分泌が多いため余った乳汁が乳腺に溜まるからです。

症状は、乳房が赤く腫れて触るといたいしこりができます。しこりが出来ているところが乳腺がたまっているところです。少し熱っぽくなる場合もありますが高熱ではなく微熱程度です。

軽い停滞性乳腺炎の場合には、ぬれたタオルなどでゆっくり冷やしましょう。急激に冷やすのはよくありません。冷やすと痛みや熱は楽になります。しかし。症状の根本的な改善にはなりません。

冷やしたあと乳輪から乳首にむかって軽くマッサージをしてみましょう。しこりのある部分をゆっくりとほぐしていきます。乳輪付近の乳腺のつまりがとれると乳汁があふれるようになります。

一番いいのは赤ちゃんに吸ってもらうことですが、実は乳腺炎の時の乳汁はまずいといわれています。もし、赤ちゃんが吸ってくれなかったり、余ったりするようであれば搾乳器で搾乳しましょう。ただし、乳腺が空になるまで搾乳すると乳汁の分泌を促すことになります。少し残す程度に搾乳しましょう。

もし、自分でマッサージしたり搾乳したりするのも痛いようなら産婦人科へいって助産師のマッサージを受けましょう。停滞性乳腺炎の予防には水分を多く摂ることや、脂肪分や乳製品を摂りすぎないように、栄養バランスが整った食事をすることが大切です。

急性化膿乳腺炎

急性化膿乳腺炎は、授乳を開始して早い時期に傷ついた乳首から細菌に感染するものです。細菌は黄色ぶどう状球菌や連鎖球菌ですが、まれに毒性の強い大腸菌や耐性菌などの場合もありますので注意が必要です。 この乳腺炎は感染症であることを自覚しましょう。従って授乳は中止します。
産後2、3週間の授乳婦は出産から昼夜通しての育児で疲労が激しく抵抗力が衰えるために感染しやすくなるものと思われます。

症状としては、乳房に痛みのあるしこりができ赤く腫れます。脇の下のリンパ節も腫れる場合が多いです。一般的な感染症と同じく、悪寒や震えがあり高熱が出ます。悪化すると母乳に膿や血がまじります。乳汁を採取して原因菌を特定します。

治療は抗生物質と乳汁分泌抑制の投与ですが腫瘍が出来ている場合には、切開手術をすることもあります。一般的には授乳前に乳首を消毒しますが、もし、乳首に傷が出来たと感じたら授乳後も乳首を消毒するように心がけましょう。また、手指の消毒を念入りに行い汚れた手で乳首を触らないように気をつけましょう。

産後の疲労が細菌に感染しやすい原因になります。できるだけ、睡眠時間を確保し、また栄養のある食事を心がけましょう。よく、乳腺炎予防のために食事制限をすることがありますが栄養バランスが整っていることが最も重要なことです。

リンク…http://www.marienremedy.com/archives/breastfeed/
乳腺炎を予防するハーブティーを販売しているサイトです。

乳腺炎にかかったら?

乳腺炎は授乳婦の四人に一人がかかるごく一般的な病気です。しかし、患者本人は非常に辛い思いをします。また授乳を中止しなければならない場合も多く赤ちゃんも辛い思いをします。できるだけ早く治療して重症化させないことが大切です。

乳腺炎にかかる原因は三つあります。一つは、授乳をはじめて2、3週間ぐらいの人がかかりやすい乳腺炎で細菌感染が原因で起こるものです。急に発症して悪化するので急性化膿乳腺炎といいます。もう一つは、乳汁が乳腺に停滞して乳腺が炎症をおこすもので、停滞性乳腺炎といいます。

化膿乳腺炎が一旦治ったものの乳房内に細菌が生き残り、乳腺炎を繰り返し、そのうちに乳管に孔があいてしまうものを慢性乳腺炎といいます。慢性乳腺炎を発症している時には切開手術の必要があります。

慢性乳腺炎は乳管や乳頭の形成不全が要因になっていることが多く陥没乳頭と合併することが多く見られます。乳腺炎ではないかと感じたら、産婦人科を受診して医師の診断を受けましょう。

乳腺炎の検査はまず触診で乳房のしこりの状態を調べます。エコー検査では、乳管に膿がたまっていないか、乳管の拡張がないかを調べます。血液検査では白血球が増加しているかどうかを調べます。炎症がおきていれば白血球が増加しています。またはCPR値の上昇などがあれば乳腺炎と診断されます。同時に乳がんからくるものではないかを確認するためにマンモグラフイー検査をします。乳腺炎の診断を受けたらできるだけ早く治療を開始します。